Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知の日 & 病理結果

いよいよ全ての検査結果が出て、それを聞く日が来ました。


ガンだということはほぼ確定していたので、
サブタイプやどのくらい進行しているか、という
細かいことを聞く事になります。


結果、骨転移や遠隔転移はないものの、リンパへの転移がありました。
しこりの大きさは2.1×2.9cm
ルミナールBでHer2は陰性


悪性度が高く増殖しやすいタイプと判明しました。


なんとなくそうじゃないかと思っていました。
発見した時にはもう大きく、その後も大きくなり続けているのが
分かるほどですから。


ステージはⅡbという事でした。
(でも、わきの下の痛みや違和感などを考えると、
限りなくステージⅢに近いのではと思ってしまいます。
考えすぎかな?だといんだけど)


ステージⅡbとした時、10年生存率は70%。
ただし、抗がん剤を使用したら85%になりますよ。


ただ、この数字には乳がんで死亡する以外に、
事故や他の病気で死亡する可能性も含まれているからね、との事。


相変わらずS先生は物凄く丁寧に説明してくださいます。


私のガンは遺伝の可能性が高いので、
自費になるけど遺伝子検査を受けたほうがいいかも、と
前回話がありました。


その事について、ずっと思っていたことを聞いてみました。


もしも、遺伝であるとわかった場合、
ガンのないほうの胸の切除もしてもらえるのかどうか。
(アメリカの女優さんがそういう手術をして話題になったアレです)


「こっちも切ってください」
「いいですよ」


と、事が簡単に進むなら、検討の余地があるかな、と
ちらっと思ったからなのですが、
そう単純なトピックではありませんでした。


S先生は、この事についてもすごく丁寧に教えてくれました。


ガンがない方の胸の切除については、ガンの手術と同時に行うことはまずできない事。


このような「予防的切除」を行うためには、倫理委員会にかけて、
手術が妥当だと認められなければ、手続きすらできないこと。


そしてもちろん、できたとしても保険は利かないこと。
(例え乳がんの手術と同時にできたとしても、混合診療になるので
乳がんの手術も全て自費になるんですね)


リスクも当然あると言うこと。



言われてみれば当然の事ばかりでしたが、
その時の私は冷静な判断が出来なくなっていたのかも。
遺伝のせいでまた別のガンができるくらいなら、胸なんかいらない!と
思ってしまっていたのです。


S先生はそういう私をみて、呆れるでもなく、面倒くさがるでもなく、
静かに穏やかに教え諭すように、一つ一つ説明して下さいました。


それを聞きながら自分が冷静ではなかったと気づかされました。


40数年間、ずっと一緒に過ごしてきた私の胸。
親から貰った大事な私一部なのに、
いらないなんて思ってごめん。
ガンを作ってしまってごめん。
手術で切ることになってしまってごめん。
娘が生まれた時にはいっぱい母乳を出してくれてありがとう。
いっぱいいっぱいありがとう・・・



また今回もS先生の丁寧な話を聞きながら、
診察室に入ってから50分が経っていました。
後の方、お待たせして申し訳ありませんでした。


何を聞いても丁寧に詳しく分かりやすく説明してくださる先生。
患者さんからの人気が絶大なのも良くわかります。
なので、私はセカンドオピニオンを受けませんでした


色々質問攻めにした私に、最後にS先生は
「良く勉強してきましたね」
と、観音様のように穏やかな顔でにっこり微笑まれました。
先生の背後にぽわんと蓮の花が浮かぶのが見えた気がしました。


翌週からFEC4クールがスタートします(その後は薬剤を変えて更に4クール)
頑張ります!


Love & Light



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

良い主治医と出会えてよかったですね!

長いお付き合いになりますから、信頼できるドクターは、闘病の大きなプラスになりますね(^-^)

それにしても、遺伝子検査や予防切除についてはいろいろ考えさせられますね。。。。

わたしのブログ、リンクしていただいて、ありがとうございます!
わたしの方にもリンク貼らせていただいていいですか?
  • ぽめ 
  • URL 
  • at 2013.08.03 14:49 
  • [編集]

Re: NoTitle 

ぽめさん、こんにちわ^^

> 良い主治医と出会えてよかったですね!
>
> 長いお付き合いになりますから、信頼できるドクターは、闘病の大きなプラスになりますね(^-^)

おかげさまで、信頼できるお医者様に診てもらえる事になりました。
本当に長いお付き合いになるんですよね。
違う病院に転勤しないといいな(笑)

> それにしても、遺伝子検査や予防切除についてはいろいろ考えさせられますね。。。。

遺伝子検査を受けるためには、事前のカウンセリングを受けなければならないみたいなので、
とりあえずカウンセリングには行こうと思います。
これまた自費なので高いんですけどね~@@

> わたしのブログ、リンクしていただいて、ありがとうございます!
> わたしの方にもリンク貼らせていただいていいですか?

もちろんです!
よろしくお願いします!
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2013.08.03 15:14 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゅらりん☆

Author:ちゅらりん☆
初めまして、ちゅらりん☆です。
2013年7月、乳がんを宣告されました。
FEC4クール、アブラキサン4クールの術前化学療法後、2014年2月に全摘+同時再建手術。

術後病理で完全奏功したことを確認。
2014.4〜ホルモン療法開始。
乳がんとようやくおさらばできました!(と、信じたい)

2014年 ピンクリボンアドバイザー初級認定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。