Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受診までの2週間

続きです。
しこりを見つけたその後について。


夫には話したものの、両親に話そうかどうか迷いました。


母は乳がんの先輩ですが、癌と正式に診断が下るまでは
知らせないほうが良いのではないか・・・
万一違ったら、余計な心配をかけてしまう事になるし・・・


とも考えたのですが、数日迷った末に母にだけ打ち明けました。


「癌かもしれない。違うかもしれないけど、その疑いが強いと思う」
という感じで伝えたような気がします。


そして母は一瞬の戸惑いのあと、すぐに真顔になり、
有無を言わさぬ感じで「すぐにS先生の診察を受けなさい」と言いました。


S先生というのは母の主治医でもある方で、とても腕も人柄も良い先生です。


ただ、S先生がいらっしゃる病院は紹介状がないと初診の予約ができません。
そこで、私が予約していた近隣の病院はキャンセルし、
かかりつけの町医者の所で紹介状を書いてもらい、S先生のいらっしゃるK病院に予約を入れました。
やはりここでも2週間後の予約になりました。


その2週間はとても長かったです。


ネットで乳がん関連の情報を一日中探しました。
少しでも癌ではない可能性を探していたんですね。


でも、どれを見ても癌の特徴と一致していました。


石のように硬いしこり
動かないしこり
などなど・・・


そして色々な事を考えました。


たとえば死について。


生と死はこんなにも近くにあったのかと、今さらながら驚いたり。
自分の人生にこんな試練が待っていた事に落ち込んだり。
一体何が悪かったのかと、自分を責めたり。


何度も何度も考えたのは


親より先に死ねない


と言う事。


私はできの悪い娘でした。


親が望む学校にも入れず、成績も良くなく、
親の望むような人生を歩む事もできず、心配ばかりかけて
迷惑ばかりかけて、わがままでどうしようもない娘でした。


それでも母は、ありったけの愛情を注いで私を育ててくれました。


最後の最後まで親不孝をするわけにはいかない。


そう考えるのが一番辛かったかな。


そして、家族の事。


結婚して17年の夫。
いまでもとても仲良しで、彼は私のソウルメイトだと思います。


今までは「あなたは私より先に死んじゃだめだからね。私が死んでから来てね」
なんて冗談で言っていました。
見送るほうは辛いですからね。


でも、死が現実のものに感じられたら、
私は1日でも長く夫より生き、夫を見送ってから旅立ちたいと思うようになりました。


見送る悲しみや寂しさや痛みを、夫に背負わせたくないと思ったのです。


私には娘がいます。
16歳ですが甘ったれでまだまだ子供。
彼女をおいて先に行く事なんて考えられない。
母親を失う喪失感に、きっと彼女は耐えられないと思ってしまう。

せめて彼女が社会人になるまで
素敵な恋人を連れてくるまで
結婚するまで
子供を生むまで・・・


可能な限りどこまででも見届けたい。
欲張りな自分に気づきました。


そんな2週間を過ごし、やっと初診の日はやってきました


続く

Love & Light


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

よくわかります! 

「死」を考えるよう病気に直面した時、
身近な家族の存在に、いろんな想いが浮かんできて、こわかったり、切なかったり。。。

でも、その存在が、自分をこれ以上なく勇気づけてくれます。

ステキなご家族ですね。

きっとうまくいきます。

一緒にがんばりましょうね☆
  • ぽめ 
  • URL 
  • at 2013.08.01 00:01 
  • [編集]

Re: よくわかります! 

ぽめさん、コメントありがとうございます^^

> 「死」を考えるよう病気に直面した時、
> 身近な家族の存在に、いろんな想いが浮かんできて、こわかったり、切なかったり。。。
> でも、その存在が、自分をこれ以上なく勇気づけてくれます。

死を「真剣に」考える機会なんて今まで殆どなかったので、
今回、家族に対する自分の本当の想いが分かりました。
こんな事にならないとわからなかったなんて、アホですね。

> ステキなご家族ですね。

ありがとうございます。
ぽめさんファミリーもすっごく素敵です♪♪♪

> きっとうまくいきます。

はい!そう信じます!
本当にありがとうございます。

> 一緒にがんばりましょうね☆

頑張りましょう!
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2013.08.01 17:36 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゅらりん☆

Author:ちゅらりん☆
初めまして、ちゅらりん☆です。
2013年7月、乳がんを宣告されました。
FEC4クール、アブラキサン4クールの術前化学療法後、2014年2月に全摘+同時再建手術。

術後病理で完全奏功したことを確認。
2014.4〜ホルモン療法開始。
乳がんとようやくおさらばできました!(と、信じたい)

2014年 ピンクリボンアドバイザー初級認定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。