Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙祷


4年前の今日、たくさんの尊い命が失われました。


たくさんの方の家族が亡くなり、人生が変わり、
夢や希望を奪うような残酷な現実が、
そこにありました。


今思い返してみても、まだまだ生々しく
あの時の光景が蘇ってきます。


4年という月日が過ぎても、
今なおたくさんの問題が残されたままです。


震災の一報を伝えた当時の新聞を、
どうしても捨てられずに保存してあります。


あの時、私に何ができたのか、
今でも考えてしまうことがあります。


考えつく事は全てやったつもりではありましたが、
本当にあれでよかったのか。
他にできることはなかったのか・・・。
もし、同じことが起こったら、どうするべきなのか。


          ◇ 


突然奪われる命があり、
今生かされている命があり、
それは自分で選べるものではなく、


そこにどんな意味があるのか、
生と真摯に向き合い、誠実に、
命ある限り、生きてゆくことだけが、
私たちにできる事なのかもしれない。


命とは何かを問いながら、
時には人生に迷い、苦しみ、歓喜し、
模索しながら、人は旅をする。


長い旅路の果てに辿り着く先には、
全てに通じる道が示され、
すべての答えがあるだろう。


禅の十牛図ように、迷いながら
自らに多くを問いながら、愛を持って
そこを目指すのだ。


まだまだ未熟者の私、
まだまだ旅の途中です。
皆さん、一緒に旅をしましょう。


心静かに、あの日旅立った方々の
ご冥福を祈ります。


With deepest sympathy.



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2015.03.13 11:52 
  • [編集]

 

こんにちは

あの日から4年
被災された方にとっては長い長い いまだに続く日々
早く皆が震災前の生活に少しでも戻れるようにと願うばかりです。

私の父方の親戚、主人の母方の親戚…沢山被災しました。仙台・女川・石巻での被災です。
家は流され…80過ぎの伯父や伯母は手を取り合って迫る冷たい水の中を逃げたそうです。
幸い あの日は皆無事でした が
長い長い 慣れない 被災者用の住宅住まいや
避難先での心労で 従姉妹は60歳になる直前に
80過ぎの伯母(母)より先に心筋梗塞で先立ちました…
家も無く 仕事も無く…という人がいっぱいなんだよねぇ…娘も逝ってしまった。長生きするもんじゃないねぇ…と たまに伯母から電話が有ります。掛ける言葉がなかなか見つかりません(泣)
伯父や伯母、従姉妹たち、従兄弟たちには復興した街で新しい住みやすい家に住めるまで長生きして欲しいです。

なんか
うまく書けません…すみませんでした。
  • ちーばくん 
  • URL 
  • at 2015.03.13 13:05 
  • [編集]

秘密のRさんへ 

こんにちわ!
手術、お疲れ様でした!!
無事に終わって一安心ですね。
術後すぐに長い長いコメント、ありがとうございました!
疲れませんでしたか?大丈夫かな?

ケモは私と逆の順序だったんですね。
でもそれ、最強の組み合わせだと思うので(主治医も言ってました)、
きっと良く効いてくれていると思います!
苦しい思いをした分、リターンも大きいはず。

Rさんはしこりを感じないタイプだったのですね。
それだと自分で発見しずらいでしょうね。
子育てに忙しいとそちらを優先してしまいがちですが、
自覚症状があってすぐに検診に行かれたのはグッジョブでした!

私はPETってやったことないのです。
主治医がPET好きじゃないみたいで。
PETは万能ってわけじゃないからね、って言っていました。
なのでとりあえず医師の言葉を信じて、あまり悩まないようにされてください。
そっちのほうが体に悪いですよ~。
Rさん、ちゃんとケモもこなしてきたのです。
ケモで消えちゃっている事だって十分考えられますしね。

告知直後が癌の進行が進むという事、初めて聞きましたが、
なんとなく納得です。
精神的なものもあるとは思いますが、痛みが強くなったり、
大きくなったりした気がします。

コメントを読んで、Rさんの成長ぶりが見事で素晴らしくて、
読みながら拍手してしまいました。
読んでいて私も元気をいただけました。
色々な体験や出会いはこれから生きていく上でのかけがえのない財産になりますね。
その出会いの中にこの拙いブログの事も入れて頂いて本当に光栄です。

私たちはみんな守られていて繋がっていると思います。
誰かのちょっとした思考は、宇宙全体へと波及するのだと、
アニータさんも書かれていましたが、
感覚的にあれって本当にそうなんだな、と思うのです。

必要な時に必要な物が提示されます。
必要なメッセージが降ってくることも多いです。
目には見えないから信じがたいかもしれないけれど、
きっと世界はそうなっている、と信じています。
だから、一緒に今を生きましょうね。
誠実に大切に^^

なんくるないさ~って言葉、大好き!
ちばりよ~も「頑張れ」より暖かくて好きです。
あちらの言葉っていいですよね。

ご主人のお里はそちらの方ですか~
なかなか都会ですね~!
沖縄にはユタやカミンチュが普通に存在していて
人々が当たり前のように彼らを尊敬している場所であり、
都市部に生きる人々のように現代社会の境界線があまりありませんよね。
生活の中にごく自然にスピリチュアリズムが溶け込んでいるのだと思います。
その独特の文化がたまらなく好きです。

私は久高島にいつか行きたいと思っているのですが、
なかなか神の島は私を呼んでくれません(笑)
行こうとすると船が決行だったり時間がなかったり。
まだ来るな、って事なのだと思います。
いつか呼ばれたら御嶽に詣ろうと思います。
もうイザイホーは見られそうもありませんし・・・(残念)

私も長々と書いてしまいました。
3.11がRさんにとって、もう一つの特別の日になりましたね。
私も毎年311にはRさんを思い出すかも!

何はともあれ、手術お疲れ様でした!
ゆっくり休んで英気を養ってくださいね。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2015.03.13 18:57 
  • [編集]

ちーばくんさんへ 

こんにちわ!
いらっしゃいませ^^

> 私の父方の親戚、主人の母方の親戚…沢山被災しました。仙台・女川・石巻での被災です。
> 家は流され…80過ぎの伯父や伯母は手を取り合って迫る冷たい水の中を逃げたそうです。
> 幸い あの日は皆無事でした が

ちーばくんさん、身近な方々が被災されたのですね。
それも一番被害が甚大だったエリアにいらしたとは。
どれだけ怖い思いをされたかを思うと、言葉もありません・・・。
命が助かって本当に良かったです。

> 長い長い 慣れない 被災者用の住宅住まいや
> 避難先での心労で 従姉妹は60歳になる直前に
> 80過ぎの伯母(母)より先に心筋梗塞で先立ちました…
> 家も無く 仕事も無く…という人がいっぱいなんだよねぇ…娘も逝ってしまった。長生きするもんじゃないねぇ…と たまに伯母から電話が有ります。掛ける言葉がなかなか見つかりません(泣)

人生と生活があの日を境に一変してしまったんですね。
どれだけ大変な思いで過ごされている事でしょう。
そんな中、自分より先に子供に先立たれたら、
私ならもうどうしていいかわからなくなってしまうと思います。
かける言葉が見つからないのはきっと誰でも同じだと思います。
人間は非力ですね。
こういう時つくづく感じます。

誰かの為に何かしてあげられると思うことこそが、
おごりなのかもしれないけれど、
自分に何ができるのか、今一度見つめ直したいと思いました。

> 伯父や伯母、従姉妹たち、従兄弟たちには復興した街で新しい住みやすい家に住めるまで長生きして欲しいです。

本当にそうですね。
一日も早く快適で安全で暮らしやすい環境を手に入れて
心配事のない人生を過ごして欲しいと思います。
ちーばくんさんもそのためには元気な姿を見せないとですね。

> なんか
> うまく書けません…すみませんでした。

いえいえ。
来てくださってありがとうございました。
色々な事、一緒にがんばって行きましょうね。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2015.03.13 19:10 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゅらりん☆

Author:ちゅらりん☆
初めまして、ちゅらりん☆です。
2013年7月、乳がんを宣告されました。
FEC4クール、アブラキサン4クールの術前化学療法後、2014年2月に全摘+同時再建手術。

術後病理で完全奏功したことを確認。
2014.4〜ホルモン療法開始。
乳がんとようやくおさらばできました!(と、信じたい)

2014年 ピンクリボンアドバイザー初級認定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。