Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子検査カウンセリングを受けてきました


こんにちわ!


今日は湿度も低くてさわやかな秋晴れです。
エアコンを切って窓を開けると、
そよそよと気持ちの良い風が流れ込んできて
とっても気持ちい良い


ところで、東京オリンピック、決まりましたね~
スペイン贔屓の夫はマドリッド開催を夢見ていたらしいですが
(あわよくばオリンピックにかこつけてマドリッドに行こうと画策していたらしい)
 悲願の東京開催!


滝川クリステルさんのプレゼン、素敵でした
とっても発音の綺麗なフランス語で、
光輝くような美しい笑顔で、
オヤジ達は秒殺だったでしょうね。
IOC担当者の心に響いた事でしょう。


それにしても、あの飛びぬけた美貌を持つ彼女は
きっと苦労も多かったんじゃないかと思います。


飛びぬけた何かを持つ人たちって、
その飛びぬけた何かに付随する負の要素も
背負っていることが多いんですよね。


でもそれを乗り越えてこそ、あの溢れんばかりの
美しく力強い凛とした存在感があるのではないかと思います。


とは、私の勝手な憶測ですけど。


*********************


それはさておき。


先日、遺伝子検査カウンセリングってのを受けてきました。


私のがんは遺伝の可能性が捨てきれないと言うことで、
主治医からも遺伝子検査を勧められているのですが。


遺伝子検査を受けるにあたり、事前カウンセリングを
必ず受けなければならないそうなのです。


カウンセリングを受けてから、検査を受けるか受けないか
答えを出してください、と言うことで。


もちろん自費です。
カウンセリング90分で¥12000。
1分¥133円です(計算するな)


予約していた日にしかるべき受付に行き、
カウンセリングルームに通されると、そこには
主治医、カウンセラー、看護師、謎の小児科医が待っていました。


カウンセラーと1対1のカウンセリングだと思っていたので、
この面々を見てちょっと驚きました。
主治医のS医師までいるとは想定外。
先生ただでさえ忙しいのにこんな事までするんだなぁ。


看護師さんと謎の小児科医は、結局最後まで
一言も発することなく座っていただけだったので、
なんで同席していたのか未だに謎なんですが、
きっと「看護師ともう一人の医師の同席が必須」
とかなんとか、そういう決まりがあるんでしょうね。


カウンセリングの半分は、家族・親族の病歴の
ヒアリングに充てられました。


私の母も乳がんを患いました。
母の叔母(伯母?)も乳がんになった人がおりました。


その方の上の代の誰かも乳がんだったらしい、と
なんとなく聞かされていて、総括すると
乳がん罹患者が、昔から細々と、そして脈々と
私の代まで続いているようなのです。


それに関して、人一人、何歳での発症だったかとか、
病気の経過とか、乳がんか卵巣がんか、発症部位は、
死亡年齢は、死亡の原因は、などなど、
それはそれは物凄く事細かに聞かれました。


分かる範囲で答えていきましたが、
祖父母の代より上の代はもう分かりません。


あの世代は兄弟が多いしね。
病気があっても知らなかったりするし、
もう全員お墓の中なので確かめようも無い。


健在の親族に関しても聞かれたのですが
夫の方の親族の病歴などは良くわからず。
(娘への遺伝の可能性に関して知る必要がある)


あまり深刻な病気の場合は、そうそう言える物ではないから
たとえ罹患していても伝わってこないこともありますよね。


現に、私も自分の病気の事は伝えてないんです。
今すぐ生命が危ういとかいう事でもないし、
気を使わせたり心配かけたりしたくないので。


なので、義兄にピロリ菌がいるらしい、と言う事くらいしか
知らないんですよ~とか、そんなゆるいやり取りをしました。


で、ヒアリングの結果、
「うーん、微妙な感じですね」と言われる。


続いているんだけど、うす~~~くなんですよね、ですと。
可能性はなくはないけど、絶対とはいえない感じ。


どうせなら目もくらむような金銀財宝を受け継ぎたかったわ。


でも遺伝子検査を受けても、遺伝子変異を持つ人は
ほんの数パーセント
らしいんです。


あの高額な検査を受ける決断をする人は、
そのほとんどが「疑いのある人」だと思うのですが、
その中でも数パーセント。


だから、このカウンセリングには
高額な検査を受ける前に良く考えなよ、
っていう意味もあるんでしょう。


カウンセリングの後半では、
検査を受けるメリット・デメリットなどの 説明がありました。
それから、遺伝子変異があると分かった後の事など。


長くなるので、後半については次回書こうと思います。


Love & Light


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

東京招致、決まりましたねー!
クリステルがフィーチャーされていたので、私も嬉しくなりました^^
IOCはフランス語スピーカーが多いので、効果があったかもしれないですね。
でも高円宮妃のフランス語の発音が良いのにもビックリしました!
とても多彩な方ですね♪

遺伝子変異の検査、私の主治医はそれにかなり力を入れているんですが、私の場合は近い家系に罹患した人がいないからか、特に勧められてはいないんですが…確か自費で、結構費用が掛かるんですよね?!
でも事前にカウンセリングをしてくれるのは、良いですよね!
  • hikari。 
  • URL 
  • at 2013.09.10 22:27 
  • [編集]

hikari。さんへ 

こんにちわ!

> 東京招致、決まりましたねー!

おめでとぉ~!!

> クリステルがフィーチャーされていたので、私も嬉しくなりました^^

本当にステキでしたもんね!

> IOCはフランス語スピーカーが多いので、効果があったかもしれないですね。

あったと思います。
都知事の方、かすんでしまったくらい(笑)

> でも高円宮妃のフランス語の発音が良いのにもビックリしました!
> とても多彩な方ですね♪

最近のフランスかぶれの風潮がどうも気に食わないんです、わたし。
ジャムをコンフィチュールと言ったり、パン屋をブーランジェリーと言ったり。
フランス語全くしゃべれない方々が。こういう単語だけ使う。
でも、この方達のようにきちんと語学を習得し、文化も学ばれているのなら
それも許せるわ(どんだけ上から)

> 遺伝子変異の検査、私の主治医はそれにかなり力を入れているんですが、私の場合は近い家系に罹患した人がいないからか、特に勧められてはいないんですが…確か自費で、結構費用が掛かるんですよね?!

費用、めっちゃ高いです。
ハイスペックのラップトップ買えます。(おつりが来るかも)
支払いのときにカードの限度額超えないか心配です(笑)

> でも事前にカウンセリングをしてくれるのは、良いですよね!

無料でやってくれるともっと良いんですけどね(爆)
だって望まない人もカウンセリング受けないといけないんだから。
検査の費用に含んでくれたり、してくれよう~って思います。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2013.09.12 19:31 
  • [編集]

NoTitle 

遺伝性の乳がんは、全乳がん患者の中の5%らしいので、遺伝性乳がんは本当に稀なんでしょうね~。

うちもムスメが2人いるので、遺伝子検査は気になりますが、なかなか微妙な問題ですよね。
  • ぽめ 
  • URL 
  • at 2013.09.13 00:13 
  • [編集]

ぽめさんへ 

> 遺伝性の乳がんは、全乳がん患者の中の5%らしいので、遺伝性乳がんは本当に稀なんでしょうね~。
> うちもムスメが2人いるので、遺伝子検査は気になりますが、なかなか微妙な問題ですよね。


そうなんですよ~
稀なんですが、自分が絶対そうじゃないと断言もできず、
本当に迷うところです。

でも、家族歴を見たらだいたいの事はわかるそうですよ。
私のように微妙なのが一番やっかいで汗
まだやるかどうか決めかねてます。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2013.09.16 18:07 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゅらりん☆

Author:ちゅらりん☆
初めまして、ちゅらりん☆です。
2013年7月、乳がんを宣告されました。
FEC4クール、アブラキサン4クールの術前化学療法後、2014年2月に全摘+同時再建手術。

術後病理で完全奏功したことを確認。
2014.4〜ホルモン療法開始。
乳がんとようやくおさらばできました!(と、信じたい)

2014年 ピンクリボンアドバイザー初級認定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。