Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後三日目のこと


さて、インターバルが空きましたが、
術後の事の続きです。


術後三日目。
昨晩もあまり眠れませんでした。
やっぱり音が気になっちゃって。
かと言って眠剤は飲みたくないし。


まあ、いつか眠れるだろうと、深くは考えず。


いつものように朝の検温から一日がスタート。
もうすっかり術後に出た熱は下がっていました。


朝食を済ませると、歯磨きして顔を洗い、
毛付きキャップを被り、
まゆげを書いてコンタクトをいれ、


(↑この毛付きキャップはお友達のhikari。さんにお借りしたもの。
すごく便利で、ウィッグより手軽で、ケア帽子より自然。
特に入院の時にはお勧めです!)


紙袋に本やスマホ、日記帳、タブレットなどを入れて、
またデイルームへ。


ひたすら本を読んだり、タブレットをいじったり、
ず~っとデイルームで過ごしました。


ナースさんもデイルームまで検温に来てくれました。
(ご足労おかけしてすみません)


「ちゅらりんさん、デイルームの方がいいの?」
って聞かれました。


なんで私が自分のベットにいなかったか・・・
それはやっぱり、あの不思議な感覚がずっとあり、
なんだかベッドにおとなしくしていられなかったのです。


無性に動きたくて、できれば院外に
お買い物とかに行きたいくらいでした。
でもさすがにそれはダメなので・・・(当然です)


窓の外を見たらウズウズと「飛べるなぁ」って思っちゃうし、
ナースステーションの周りをウォーキングしたり
するのも迷惑かな、と思ったり。


で、辿り着いた先がデイルームというわけでした。


          ◇


お昼前に、主治医が私を呼びに来て
「ちゅらりんさん、ちょっと診るから病室戻って」
と言うので、一旦ベッドに帰還。


患部を一通り診たあと、
「そろそろドレーン抜こうか」と言いながら、
ドレーンに手をかけていました。


術後まだ三日目です。
てっきり冗談だと思っていたので
「またまた~」って笑っていたら


スポっ


と抜かれました。


え!(゚O゚)


「夕方排液が滲んでなかったら全身シャワーOK」
と言って、ドレーンを抜いた所にガーゼを貼り、
去っていきました。


これには呆然。
心の準備できてなかった~。
ドバドバ出てきたらどうすんのよ~
と思っていたところへ昼食が運ばれてきました。


配膳の方が
「ちゅらりんさん、昨日はありがとうございました」
と言うので、何かな?と思ったら


「お手紙、皆喜んでましたよ」
と。


昨日誕生日だったので、夕食が誕生日仕様になっていて
その事へのお礼に、トレーを返す時に
お手紙をつけて返したので、その事でした。


いえいえ、こちらこそ。
ご丁寧に恐れ入ります。


午後もやはりデイルームへ。
14:00ごろ、また夫と娘がお見舞いに来てくれました。


「あれ?なんか昨日より身軽になってない?」

と言うので
「ドレーンがさっき抜けたの」と説明しました。


それと、入院時には間に合わなかった
「限度額認定証」が届いたよ、と
持ってきてくれました。


その後3時間ほどお喋りして帰って行きました。


          ◇


夕方の検温の時、ガーゼを剥がしたら、
血はしみていませんでした。


シャワーを浴びるため、ドレーンを抜いた所に
テープを貼ってもらおうとしたら、
シャワーの時はそのままで、と言われました。


え~だって穴空いてるんですよ~
水入っちゃってもいいんですかっ???


と、訴えても
「大丈夫。シャワーが終わったら貼りますから声かけて」
と言われました。


んん~そんなものなんですかね~
で、夕食後、恐る恐る全身シャワー浴びました。
不安なので、ドレーンの穴は手で塞ぎながら(笑)


ナースステーションに行き、シャワー終わりました!
テーププリーズ!と言いに行くと、


ナースさん、大きな医療用のテープと
家庭用の絆創膏の両方を持って来て、
穴を見ながらこっちでいいね、と絆創膏をペタっと・・・。


これなら自分でできたわ(^^;


          ◇


その報告を聞いたからなのか、主治医登場。
「ちゅらりんさん、明日退院ね」
と言いに来ました。


ええええ?
術後まだ三日なんですけど。
もうちょっといちゃダメですか?
という私に


「明日、退院。ご家族に連絡してね」
と言い去っていきました。


先生が「退院」と一言口にしてからは、
全てが退院に向けて動き始めました。


いそいそとナースさんが来て
ちゅらりんさん、本当は明日話そうと思ってたんだけど、
と、リンパケアの説明を始めました。


この説明は、術後4日目と決まっているそうで。
がんセンターでは、乳がんの手術を受けた人用の
リハビリプログラムがありません。


病院によっては、リハビリ室に集められて
指導を受ける所もあるようですが、
こちらではケア方法が書かれたリーフレットを渡され、
自分で頑張ってね、という方針です。


それと、必要な薬の確認やら、
次回の外来の予約やら、退院後のもろもろについても
ここで手続きしてもらいました。


一息ついて、夫に電話しました。
「明日退院することになったよ」
と伝えると


「え?待って。明日って、いつ?」

と軽いパニックに。
早くない?大丈夫なの?と繰り返されましたが
私もそう思うんだけど、主治医がそう言うから・・・・。


さっきお見舞いに来てくれた時には、
全然そんな話出てなかったから、
驚くのも無理はありません。


とりあえず、荷物を整理し始めました。
もう使わないものはスーツケースへ。


本10冊も持ってきたのに、1冊しか読めませんでした。
パックもする暇もなく、ドリンクもたくさん余ったので、
同室の方に少し差し上げました。


退院の日へ続く


Love & Light


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

退院しました 

ちゅらりんさん、こんばんは。
娘さんの大学合格おめでとうございます。

前回のコメントで病院に入院する旨をコメントさせて頂きました。
入院、手術を経て現在自宅療養中です。
入院中もブログを読ませて頂きました。ありがとうございます。

ご主人と娘さんが折ったという千羽鶴は色がちゃんと虹色っぽく束ねてあってきれいですね。
私が入院中、デイルームで折っていらっしゃる方がいました。

入院する前は病院で過ごすことに抵抗があり、暇な時間をどう過ごすかを考え、暇つぶしを準備していったにもかかわらず、何ということでしょう、本も動画も全然見る気が湧かず見舞ってくれた人と話したりする以外はただ、ただボーっと過ごしていました。
(手術した影響で動きが制限され、ちょっと集中力が落ちたのもあるんですけど)
しかも退院が近づくにつれ規則正し過ぎる入院生活に寂しさまで感じる始末(笑)

ちゅらりんさんはよくデイルームでお過ごしになったご様子。
私はデイルームはお見舞いがあった時に使用したくらいかな。
ベッドが窓側だったので、窓際にベットのテーブルを移動させて椅子に座って景色を眺めていました。
病室から見える景色は自然とはほど遠い住宅地で決して自分を癒してはくれない、と思っていたのに
「(病室から見える)ファミリーマートまでだったらバレずに行けるかな?」と常に外を見ていました。

病棟から見える朝日はご覧になりましたか?
6時ちょっと前になると朝日が昇り始めてとてもきれいでした。反対側は富士山が見えましたよ。

外泊も含めて13日間程病院にはおりましたが、新しい病院ということもあり結構快適でした。
こんなに余裕のコメントが書けるのは自分が予定通り回復に向かっていたからで、入院が長引いている方も中にはいらっしゃるんですよね。
術後何事もなく過ごせていることに、病院の皆様には感謝の気持ちで一杯です。

本当はGセンター話や、Gセンターの先生についての話を誰かとしたかったのですが、カーテンで仕切られているところに突然話しかけるのも気が引けて全然お話が出来なかったです。

手術室に入るまでのスペースは何だか工場みたいな感じで、手術室は音楽がかかっていてね、とか。
回復室は寝ているだけだったからどんなお部屋かは分からない、でも時計はあったな、とか。

すみません、自分の話ばかりで長くなってしまいました。

次回ちゅらりんさんの「退院のお話」楽しみにしています。

Re: 退院しました 

ホワイトさん、いらっしゃい!

> 娘さんの大学合格おめでとうございます。

ありがとうございます!

> 入院、手術を経て現在自宅療養中です。

退院おめでとうございます〜!
あー、間に合いませんでした〜
持っていくと便利なものとか書こうと思ってたんですけど…
ごめんね〜^^;
でもご無事で退院されて何よりです。

> 入院中もブログを読ませて頂きました。ありがとうございます。

恐縮です。こちらこそありがとうございます♡

> ご主人と娘さんが折ったという千羽鶴は色がちゃんと虹色っぽく束ねてあってきれいですね。

なんか、入院の2週間くらい前から二人で突然折り出して、
一日何羽ってノルマ決めて折ってたみたいで、
それをそばで見ていた私は手伝うのも変だし…
なんか肩身が狭かった〜^^;

> 見舞ってくれた人と話したりする以外はただ、ただボーっと過ごしていました。

うんうん。それで良いのでは。
ぼーっとできるのも贅沢なことだし。
自分が心地よいと思う過ごし方が一番良いのではと思います。

> ちゅらりんさんはよくデイルームでお過ごしになったご様子。
> 私はデイルームはお見舞いがあった時に使用したくらいかな。

そうですか〜。私は主と化してました(笑)
お湯も貰えるし明るくてすっかり居着いてしまって。

> ベッドが窓側だったので、窓際にベットのテーブルを移動させて椅子に座って景色を眺めていました。

私も窓側でした♪

> 病室から見える景色は自然とはほど遠い住宅地で決して自分を癒してはくれない、と思っていたのに
> 「(病室から見える)ファミリーマートまでだったらバレずに行けるかな?」と常に外を見ていました。

うーむ。窓の外の景色って殆ど覚えてないんですよね…
空ばっかり見ていたような気がします。
それに、殆どデイルームにいたので^^;

> 病棟から見える朝日はご覧になりましたか? 

見たはずなんですねどね〜
イマイチ記憶がありません^^;
スミマセン。

> 外泊も含めて13日間程病院にはおりましたが、新しい病院ということもあり結構快適でした。

快適でしたよね。
まだ病棟が建て変わる前にも入院したことがありますが、
全然違いました。
広さも設備も雰囲気も。

> こんなに余裕のコメントが書けるのは自分が予定通り回復に向かっていたからで、入院が長引いている方も中にはいらっしゃるんですよね。
> 術後何事もなく過ごせていることに、病院の皆様には感謝の気持ちで一杯です。

本当にそうですよね。
私が入院中、同室の方が退院されて行くのを見送りましたが、
その方は自宅療養に切り替えるための退院でした。
車椅子で他院されて行くその方を見ながら、複雑な気持ちだったのを思い出しました。
お元気でいて下さると良いのですけれど。

> 本当はGセンター話や、Gセンターの先生についての話を誰かとしたかったのですが、カーテンで仕切られているところに突然話しかけるのも気が引けて全然お話が出来なかったです。

最近は皆さんカーテン閉めてますよね〜
私はカーテン越しに話しかけたりしてましたけど、
人によっては放って置いて!って感じなのかも。

> 手術室に入るまでのスペースは何だか工場みたいな感じで、手術室は音楽がかかっていてね、とか。
> 回復室は寝ているだけだったからどんなお部屋かは分からない、でも時計はあったな、とか。

手術室までは迷路みたいで、どこをどう通ったのかもはや謎です。
音楽かかってましたか?
私の時はどうだったかなぁ?

> すみません、自分の話ばかりで長くなってしまいました。

とんでもございません。
楽しいお話ありがとうございます。
同じ病院ですとイメージがすぐに浮かびますね^^

> 次回ちゅらりんさんの「退院のお話」楽しみにしています。

ありがとうございます〜
いつもスローペースでごめんなさいね〜
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2014.11.08 00:19 
  • [編集]

退院しました 2 

ちゅらりんさん、再びこんにちは。

ちゅらりんさんは、新しい病棟の前にも以前の建物で入院されていたのですね。
私はこの度の入院で、病院施設の基準がGセンターになってしまいそうです(笑)

ただ、がん専門病院について私が「ここが良かったよ、あそこが良かったよ。」と話したところで、がんとは関係なく、何事もなく健康に過ごしている方には利用できる病院ではないから、何だか独りよがりの情報になってしまうんですよね。

お部屋の一人分のスペースについては、ベッド周りで作業を行う医師や看護師さんにも必要なのではないかな、と思います。
収納ができる棚があるのは大変助かりました。

はい、手術室はUSEN放送なのか、音楽がかかっていました。ちょうど癒し系のインストゥルメンタルで「天空の城ラピュタ」の曲でしたね。
ラピュタの曲はちょっと暗い感じがするので、トトロやポニョの曲が良かったなと手を抑制されながら思ってしまいました。

その後は看護師さん達の手際が良くて、すぐに麻酔をかけられ寝てしまいましたが…。
手術室の看護師さんは女性も男性もいらっしゃいましたが、皆さんとても素敵な方達でした。

手術台の上は温かくてフカフカしてましたね。
最初の病院での手術はステンレスの台にゴロンだったので、ちょっとしたことでも「違い」を感じました。

そうそう話は変わりますが、以前にちゅらりんさんのブログに記載されていたフットサルのH選手、同じ病院なんですよね。
がん治療とフットサルの両立の映像をテレビで放送していました。

今まで乳がん検診をしたことがなかったので、検診をしてくれる病院を探しています。
皆さん最初はマンモグラフィと触診だけなのでしょうか?やはりエコーも必要なのでしょうか?
どうしようか考え中です。

また、色々つまらない話で長くなってしまいました。
お邪魔いたしました。

Re: 退院しました 2 

> ちゅらりんさん、再びこんにちは。

ホワイトさん、こんにちわ!
またまたコメントいっぱいありがとうございます!
とっても嬉しいです♪
術後の経過は如何ですか?

> 私はこの度の入院で、病院施設の基準がGセンターになってしまいそうです(笑)

うは~それは基準値が高い笑
私は、前のがんセンター、労災病院、横浜市大病院と
今年3つの病院を見ましたが(両親の入院で)、
がんセンターはダントツで綺麗で広かったです。
お見舞いに来たガン友からも驚かれたほどでしたから、
これを基準とすると、ほかの病院、かなり厳しいですよ(笑)

> 何事もなく健康に過ごしている方には利用できる病院ではないから、何だか独りよがりの情報になってしまうんですよね。

わかります~
入院すると伝える時、がんセンターっていうと
ガンなのがわかってしまうので言えなかったりしました。
(ちょっと違うか)

> お部屋の一人分のスペースについては、ベッド周りで作業を行う医師や看護師さんにも必要なのではないかな、と思います。

私もそう思います~
狭い空間で看護をするのは大変だし、トラブルの原因にならないのかしら、って。

> はい、手術室はUSEN放送なのか、音楽がかかっていました。ちょうど癒し系のインストゥルメンタルで「天空の城ラピュタ」の曲でしたね。

そっか~私の時は何がかかっていたのかな~
全然気にしてなかったので、記憶がありません(^^;

> その後は看護師さん達の手際が良くて、すぐに麻酔をかけられ寝てしまいましたが…。
> 手術室の看護師さんは女性も男性もいらっしゃいましたが、皆さんとても素敵な方達でした。

私も瞬殺でしたよ~(当然か)
あの病院のスタッフは皆さん良かったですよね。
気持ちよく過ごすことができて感謝でした。

> 手術台の上は温かくてフカフカしてましたね。

フカフカで温かかったですね~
それと、幅が随分狭いんだな、って思いました。

> そうそう話は変わりますが、以前にちゅらりんさんのブログに記載されていたフットサルのH選手、同じ病院なんですよね。

あ、そうらしいです!
私も後で知りました。

> がん治療とフットサルの両立の映像をテレビで放送していました。

やっぱり有名な方なんですね~
私、そっち方面にはとんと疎くて全く存じ上げず・・・。

> 今まで乳がん検診をしたことがなかったので、検診をしてくれる病院を探しています。
> 皆さん最初はマンモグラフィと触診だけなのでしょうか?やはりエコーも必要なのでしょうか?
> どうしようか考え中です。

ぜひぜひ検診受けてください!
ホワイトさんはお若い方なのかしら?
横浜市では40歳になるとると、無料検診クーポンが自宅に郵送されてきます。
それをご利用になるのが一番手っ取り早いかと思います。
ほかの自治体でもだいたい同じかと思います。

もし、それを過ぎてしまっていたら職場の検診に
婦人科検診をオプションでつけると良いと思います。

お仕事をされていない場合で無料クーポンを使うのも難しい場合は
「認定NPO法人乳房健康研究会」のHPをご覧になってください
(URL書くとはじかれるのでググってください。ごめんなさい)

その中の「あなたの町の乳がん検診情報」
というページで検診を受けられる病院を探すことができます。
(エリアを設定して検索すると自治体のHPに飛びます)

乳房検査はマンモグラフィーが一般的ですが、
若くて乳腺が発達している方だとマンモだけでは不十分で、
(乳腺が真っ白に映るのでしこりがあってもわかりづらい)
マンモとエコーを組み合わせたほうが精度が上がると言われています。
マンモの不得手な部分をエコーがカバーするという感じです。
(エコーだけでも不十分です)
もしもエコーも必要と思われたなら、医療機関に相談されて見てください。

> また、色々つまらない話で長くなってしまいました。
> お邪魔いたしました。

とんでもございません。
またきてくださいね。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2014.11.15 19:51 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゅらりん☆

Author:ちゅらりん☆
初めまして、ちゅらりん☆です。
2013年7月、乳がんを宣告されました。
FEC4クール、アブラキサン4クールの術前化学療法後、2014年2月に全摘+同時再建手術。

術後病理で完全奏功したことを確認。
2014.4〜ホルモン療法開始。
乳がんとようやくおさらばできました!(と、信じたい)

2014年 ピンクリボンアドバイザー初級認定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。