Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞で紹介された「乳房再建で傷痕残らない新手法」 について


今日は久々の通院日でした。
形成と乳腺の2科を受診してきました。


ケモの時にはどんだけ待たせんじゃ、ゴラ!
ってくらい待たされたのに、
今日は採血もなかったせいか、


サクサク呼ばれ、2時間ほどで終了。


待ち時間、どんと来い!とばかりに
病院に併設されているベーカーリーで
ハムカレーパンと紅茶買って、
食べている最中に呼ばれました(^^;


ま、いいんですけど。
早く終わる分には。


           ◇


ところで、ご覧になった方も多いかと思いますが、
昨日の朝日新聞に
「乳房再建で傷痕残らない新手法」
という記事がありました。



乳房再建記事 



要約すると、


乳がん手術で切除した乳房を、
特殊な装置で吸引して皮膚を伸ばし、
おなかの脂肪を注入して再建する方法。


プラスチック製でブラのような形のカップを胸に装着し、
モーターでカップ内の気圧を下げ、
皮膚を引っ張って伸ばす。


皮膚を伸ばした後、おなかや太ももから
吸引した脂肪を針で胸に注入する。
数時間で終わり、入院の必要はない。


一見すると、なんか良さそうと思えるのですが、
この記事を読んだ時に「ん?」と思いました。


どう考えても、現在の自家組織移植や、
エキスパンダーを入れて取り出す方法よりも
簡単そうでシンプルな方法。


患者にとっても医者にとっても負担が少ないし、
今すぐにでもできそうなのに、
なぜ未だにこの方法が定着していないのか。


今日ちょうど形成の受診もあったので、
先生にこの事について聞いてまいりました。


もちろん先生はご存知で、
この方法のデメリットを教えてくれました。


まず第一に、この特殊なカップというのが、
先生曰く「笑っちゃうくらい大きい」のだそうで、
この装置をつけると上から服を着ても
分かってしまうらしい。


そして一番問題なのが、
このカップをつけると、
ほとんどの人がかぶれてしまい、


途中で断念せざるを得なくなる事が
非常に多い。


との事でした。


プラスティック製のカップに乳房の皮膚を
ピタッと密着させて一日10時間、
毎日過ごすわけですから、
皮膚の弱い方には過酷ですよね。
(夏なんか特に・・・)


この問題をクリアできない限り、
この方法は広がらないだろう、ということでした。


なるほど。
そういう問題があるんですね。


新聞に出ちゃうと良い事ばっかり書いてあるから
やりたいって言う人がいっぱい出ちゃって
困るんだよね、と苦笑いされていました。


同感です。
記事を書くならデメリットやリスクも
ちゃんと書いて欲しいものですね。


ただ、この方法で評価できるのは
脂肪の生着率が高いという点のようです。


脂肪というのは、ただ移植しても
多くは体に吸収されてしまい、
最終的には移植した量の2~3割しか残りません。


吸収されにくくするには、
脂肪の幹細胞のみを取り出して移植するのですが、
それだと量が取れないので、


温存したけれど、ちょっと形が崩れたから
脂肪を足して形を整える、という場合には良いですが、


全摘した人のように、たくさんの脂肪が
必要なケースには向かないようです。


今回のこの方法だと、カップで吸引する事で
脂肪の生着率が上がるそうで
(メカニズムについてはわかりませんが)、
全摘した人でも可能との事。


患者に負担が少なく、
仕上がりも自然できれいなこの方法、


問題点がクリアされ、
臨床をさらに進め、
正式な乳房再建の術式に認可され、
保険適用になるのを待っていると・・・


かな~り先の話になりそうです。


その前に、切らずに乳がんを治せる
素晴らしい時代が来たりして・・・。


って、それもかなり先かな。


Love & Light


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

なるほどねえ。さすが。
私はネットでみつけて、あらうれしやーとぬか喜びしたのですけど。
ちゅらりんさんはちゃんと専門家に聞いてきてくださって、報告してくださったので、すごく内容がよくわかりました。ありがとうございます。
簡単に自然なものが作れるのはまだまだ先のようですねえ。でも、確実に前に進んでいるのだから
期待して応援しておこうと思います。っていうかそれしかできませんが。
  • にこ 
  • URL 
  • at 2014.10.20 21:32 
  • [編集]

にこさんへ 

こんにちわー
コメントありがとうございます♪

> なるほどねえ。さすが。
> 私はネットでみつけて、あらうれしやーとぬか喜びしたのですけど。

私だってこれから再建を考えてる身だったら、
おおおお!って飛びついちゃいますよ。

> ちゅらりんさんはちゃんと専門家に聞いてきてくださって、報告してくださったので、すごく内容がよくわかりました。ありがとうございます。

とんでもございません。
先生に話を伺って、もしも「これ、良いですよ」ってお墨付きを頂けたら、
今後再建を考えているお友達に教えてあげよう、って思ってたの。
でも、結局は記事の通り…

> 簡単に自然なものが作れるのはまだまだ先のようですねえ。でも、確実に前に進んでいるのだから
> 期待して応援しておこうと思います。っていうかそれしかできませんが。

そうですね(^ ^)
いつかパーフェクトな再建術が誕生する事を祈りましょう。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2014.10.22 00:13 
  • [編集]

NoTitle 

追伸 私のプログにもちゅらりんさんの記事追加させていただきまーす。その方があとあと読む方(いるのだろうか?)に便利ですもんね。
相談なくのせてすいません。
  • にこ 
  • URL 
  • at 2014.10.23 18:05 
  • [編集]

にこさんへ 

> 追伸 私のプログにもちゅらりんさんの記事追加させていただきまーす。
>その方があとあと読む方(いるのだろうか?)に便利ですもんね。
> 相談なくのせてすいません。

もちろん問題ありませーん!
わざわざ知らせて下さってありがとう。
  • ちゅらりん☆ 
  • URL 
  • at 2014.10.25 22:02 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゅらりん☆

Author:ちゅらりん☆
初めまして、ちゅらりん☆です。
2013年7月、乳がんを宣告されました。
FEC4クール、アブラキサン4クールの術前化学療法後、2014年2月に全摘+同時再建手術。

術後病理で完全奏功したことを確認。
2014.4〜ホルモン療法開始。
乳がんとようやくおさらばできました!(と、信じたい)

2014年 ピンクリボンアドバイザー初級認定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。